画像(logo)

HOME/[C言語]サンプルプログラム集 目次/合計

広告

[C言語 サンプルプログラム集]
合計

広告

↓2016年02月29日発売↓

12歳からはじめる ゼロからのC言語 ゲームプログラミング教室

目次へ戻る

合計

今回は配列など複数の要素の合計を出します。

普通に合計

#include <stdio.h>

int main(){
	int ary[5] = {1,2,3,4,5};
	int sum = 0;
	int i;

	for(i=0;i<5;i++){
		sum += ary[i];
	}

	for(i=0;i<5;i++){
		printf("%d ",ary[i]);
	}

	printf("\n");
	
	printf("sum = %d\n",sum);

	return 0;
}

■実行結果■

画像(cs_2_1)

配列「ary」の全ての要素の合計を普通に出します。

まずは合計を格納する為の変数を用意します。

int sum = 0;

そしてここに繰り返しの「for」文を使って毎回足し合わせるようなカタチで各要素を一つ足して一つ進めてを繰り返します。

for(i=0;i<5;i++){
	sum += ary[i];
}

これで合計値の算出は完了です。

合計関数

#include <stdio.h>

int my_sum(int *,int);

int main(){
	int ary[5] = {1,2,3,4,5};
	int sum = 0;
	int i;

	sum = my_sum(ary,sizeof(ary) / sizeof(int));

	for(i=0;i<5;i++){
		printf("%d ",ary[i]);
	}

	printf("\n");

	printf("sum = %d\n",sum);	

	return 0;
}

int my_sum(int *ary,int size){
	int sum = 0;
	int i;
	
	for(i=0;i<size;i++){
		sum += *(ary + i);
	}

	return sum;
}

■実行結果■

画像(cs_2_2)

合計値を出す関数を作ります。

int my_sum(int *ary,int size){
	int sum = 0;
	int i;
	
	for(i=0;i<size;i++){
		sum += *(ary + i);
	}

	return sum;
}

ここで必要な情報は合計を出す配列とそのサイズなので

int my_sum(int *ary,int size)

引数はこちらになります。

あとは同じように合計を入れるための変数を用意して足し合わせていくだけです。

引数に開始番号、終了番号などを入れるようなカタチにして

int my_sum(int *ary,int start,int end)

その範囲だけを足し合わせるようにすれば

for(i=start;i<end;i++){
	sum += *(ary + i);
}

部分的な合計値を出す事も可能です。

配列などを渡している時はバッファオーバーしないように配列サイズの監視も重要です。

広告

構造体の合計値

#define _CRT_SECURE_NO_WARNINGS
#include <stdio.h>
#include <string.h>

struct STUDENT{
	char name[128];
	int money;
};

struct STUDENT set_data(char *, int);
int my_sum2(struct STUDENT *,int);

int main(){
	struct STUDENT student[5];
	int sum = 0;
	int i;

	student[0] = set_data("tanaka",1000);
	student[1] = set_data("suzuki",2000);
	student[2] = set_data("satou",3000);
	student[3] = set_data("saitou",4000);
	student[4] = set_data("watanabe",5000);

	sum = my_sum2(student,sizeof(student) / sizeof(struct STUDENT));

	for(i=0;i<5;i++){
		printf("name:%s money:%d\n",student[i].name,student[i].money);
	}

	printf("sum = %d\n",sum);

	return 0;
}

struct STUDENT set_data(char *name, int money){
	struct STUDENT tmp;
	strcpy(tmp.name,name);
	tmp.money = money;
	return tmp;
}

int my_sum2(struct STUDENT *ary,int size){
	int sum = 0;
	int i;
	
	for(i=0;i<size;i++){
		sum += (ary + i)->money;
	}

	return sum;
}

■実行結果■

画像(cs_2_3)

より実用的なプログラムにおいては構造体の特定の要素の合計値を出す事もあるかもしれません。

struct STUDENT{
	char name[128];
	int money;
};

生徒の所持金の合計のような感じで所持金にあたるこちらの構造体のメンバ「money」の合計を出します。

int my_sum2(struct STUDENT *ary,int size){
	int sum = 0;
	int i;
	
	for(i=0;i<size;i++){
		sum += (ary + i)->money;
	}

	return sum;
}

今回は構造体の配列を渡すので引数は

int my_sum2(struct STUDENT *ary,int size){
}

構造体のポインタとその配列のサイズになりますね。

後は同じように一つずつ足し合わせていくだけです。

for(i=0;i<size;i++){
	sum += (ary + i)->money;
}

この時に構造体の各メンバにアクセスするには

(ary + i)->money

ポインタで受け取っているのでアロー演算子になる事に注意です!

□ページの先頭へ□

□目次へ戻る□

□HOME□

広告

↓2017年06月16日発売↓

やさしいC 第5版 (「やさしい」シリーズ)

新品価格
¥2,700から
(2017/5/1 13:05時点)

↓2014年08月09日発売↓

新・明解C言語 入門編 (明解シリーズ)

新品価格
¥2,484から
(2017/5/1 13:08時点)

↓2016年02月20日発売↓

新・解きながら学ぶC言語

新品価格
¥2,160から
(2017/5/1 13:10時点)

↓2017年02月11日発売↓

C言語プログラミング基本例題88 88

新品価格
¥3,024から
(2017/5/1 13:12時点)

↓2016年12月15日発売↓

Cの絵本 第2版 C言語が好きになる新しい9つの扉

新品価格
¥1,490から
(2017/5/1 13:13時点)

↓2017年02月08日発売↓

新・明解C言語で学ぶアルゴリズムとデータ構造 (明解シリーズ)

新品価格
¥2,700から
(2017/5/1 13:15時点)