画像(logo)

HOME/[C言語 入門]小学生でもわかるC言語2 目次/二日目 関数(他から受け取る)

広告

[C言語 入門 小学生でもわかるC言語2]
二日目 関数(他から受け取る)

広告

↓2016年02月29日発売↓

12歳からはじめる ゼロからのC言語 ゲームプログラミング教室

目次へ戻る

他の関数から数字や文字を受け取る

前回に続いて関数の使い方です。

今回は他の関数から数字や文字を受け取る方法を見ていきましょう!

数字を受け取る

/*二日目 プログラム1*/
#include <stdio.h>

int func(void);

int main(){
	
	int suji;

	suji = func();

	printf("関数funcから受け取った数字 = %d\n",suji);

	return 0;
}

int func(){
	return 10;
}

■実行結果■

画像(ce_2_1)

数字を受け取るのでやっぱり「int」を使います。最初の部分に注目です。

int func(void);

今度は先頭に「int」が付いて()カッコの中は「void」になりました。

うすうす気づかれているかもしれませんが、何も受け渡しがない時には「void」を書きます。

そのまま関数「func」の中身を見てみましょう。

int func(){
	return 10;
}

「return」と書いてあります。

戻るとか、返るとかそんな感じの意味ですよね。

言葉通りにこの「return」によって数字やら文字やらを返してあげます。

それでは元に戻って受け取る為の変数を用意して受け取ってみます。

suji = func();

これで関数「func」から返ってきた値を変数「suji」が受け取る事ができました。

変数など

/*二日目 プログラム2*/
#include <stdio.h>

int func(void);

int main(){
	
	int suji;

	suji = func();

	printf("関数funcから受け取った数字 = %d\n",suji);

	return 0;
}

int func(){
	int suji = 100;
	return suji;
}

■実行結果■

画像(ce_2_2)

もちろん変数でも大丈夫です!

広告

計算を返す

/*二日目 プログラム3*/
#include <stdio.h>

int func(void);

int main(){
	
	int suji;

	suji = func();

	printf("関数funcから受け取った数字 = %d\n",suji);

	return 0;
}

int func(){
	int suji2 = 10;
	int suji3 = 20;

	return suji2 + suji3;
}

■実行結果■

画像(ce_2_3)

計算を返すのも大丈夫です。

1つしか返せません!

今までの経験からなんとなく

return suji2,suji3;

このように「,」で区切って2つ以上の数を返したいトコロですが、これはできません・・・。

注意です。

受け取った値を直接使用する

/*二日目 プログラム4*/
#include <stdio.h>

int func(void);

int main(){
	if(func()){
		printf("hello\n");
	}

	printf("%d\n",func());

	return 0;
}

int func(){
	return 1; 
}

■実行結果■

画像(ce_2_4)

ちょっとなれないとややこしいですが、受け取った値を変数などに保存せず直接使う事もできます。

「int main()」のお話

そういえば・・・。見覚えあるカタチですよね!

そうです。

int main(){

	return 0;
}

最初の方からお世話になっていた、「int main()」に同じような事が書いてますね!

実は「main」も関数の一つです。

その役目は、ここからプログラムを始めます!という役目をしています。

そしてやっぱり値をどこからか受け取ったり返したりしているのですが・・・、そこの解説はまたの機会にしたいと思います。

文字を受け取る

最後に一文字を受け取ってみましょう。

/*二日目 プログラム5*/
#include <stdio.h>

char func(void);

int main(){
	
	char moji;

	moji = func();

	printf("関数funcから受け取った文字 = %c\n",moji);

	return 0;
}

char func(){
	return 'A';
}

■実行結果■

画像(ce_2_5)

一文字を受け取る時は「char」!

今までやってきた事なので大丈夫ですね!

戻り値(もどりち)

今回は他の関数から数字や文字を受け取るやり方を学びました。

この受け取る数字や文字の事を戻り値(もどりち)っていいます!

なんとなーく覚えましょう!

配列や文章

この場合は渡す時と同じようにはいかないので注意です。

詳しくは後半学ぶポインタの所で解説します!

次回

三日目 関数(まとめ)(準備中)

□ページの先頭へ□

□目次へ戻る□

□HOME□

広告

↓2017年06月16日発売↓

やさしいC 第5版 (「やさしい」シリーズ)

新品価格
¥2,700から
(2017/5/1 13:05時点)

↓2014年08月09日発売↓

新・明解C言語 入門編 (明解シリーズ)

新品価格
¥2,484から
(2017/5/1 13:08時点)

↓2016年02月20日発売↓

新・解きながら学ぶC言語

新品価格
¥2,160から
(2017/5/1 13:10時点)

↓2017年02月11日発売↓

C言語プログラミング基本例題88 88

新品価格
¥3,024から
(2017/5/1 13:12時点)

↓2016年12月15日発売↓

Cの絵本 第2版 C言語が好きになる新しい9つの扉

新品価格
¥1,490から
(2017/5/1 13:13時点)

↓2017年02月08日発売↓

新・明解C言語で学ぶアルゴリズムとデータ構造 (明解シリーズ)

新品価格
¥2,700から
(2017/5/1 13:15時点)